カッピングとは?特徴とメリットとデメリット

カッピング

背中に丸い跡をつけている写真をSNSで目にしたことありませんか?若い女性を中心にダイエット目的で背中の丸い跡の正体カッピングが注目されています。

カッピングと聞いてもイマイチ何かピンと来ない人にも分かりやすく紹介していきます。

期待できる効果やどのような施術を行うのか、またメリットやデメリットまで色々見ていきましょう。

カッピングは紀元前600年前にインドにて行われていた!

昔のカッピング
世界中で昔から人々の身近な療法だったカッピングは“吸い玉療法”“バッカン療法”“解毒玉”などと呼ばれることもあります。“吸い玉”は聞いたことある人もいるのではないでしょうか。

紀元前600年前にインドで記された記録もあり歴史がある民間療法です。ツボやお灸のようなものをイメージするとわかりやすいです。

どんな施術法なのかというと、カップを真空状態で肌に密着させてその吸い付きの刺激で血行を促進させ血流やリンパ液の流れを促す施術です。

老廃物を吸い出す効果もあると言われているのでデトックス効果もあります。

不調が目で見てわかる!

施術後にカップを取り除くと丸い跡(溢血班)が残りますが、この跡の色によって健康状態が目で見てわかります。薄いピンク色なら血行の流れがよく問題がない状態、紫がかった濃い色だとコリがあったり血行が滞っている状態を示します。個人差がありますが2〜3日、長くても1週間程度で跡は消えると言われています。

カッピングにはいくつか種類がある

火罐法、針罐法、走罐法などいくつか種類があります。火の吸引力を用いた中国で古来から行われている方法が“火罐法”、皮膚を針でチクっと刺し出血後に容器を当て吸い付かせる方法が“針罐法”、オイルなどを塗り肌の滑りを良くした状態で容器を滑らせて移動させる方法を“走罐法”と呼ばれています。

カッピングを受けたいと思ったらどの方法で行なっているのか確認しましょう。

カッピングのメリットと期待できる効果とは

カッピングで疲労回復
カッピングについてちょっと分かってきたところで気になるのはその効果ですよね。何に効果があるのかメリットをまとめてみました!

体が軽く疲労回復効果を感じる

カッピングを受けた人のほとんどが「体が軽くなった!」「だるさがなくなった」と感じています。

背中の血行を良くしただけでこんなに変わるのかと驚かれますが、血行の滞りを改善すると同時に自律神経も整うので体が軽く感じたり不眠や冷え性の改善なども感じることができます。

カッピングの刺激により本来持っている自然治癒力も刺激を受けるのでシンプルな施術ながらその効果は高いです。

血行が促進されることで冷え性改善はもちろんむくみにくくなるので、むくみに悩む女性にもおすすめです。

寝ているだけで痛みもほぼない

カッピング中はうつ伏せになっているだけなのでとても楽です。また痛みもほぼないので寝ているうちにほぐされている状態です。痩身エステでカッピングを受けた場合、血行が良くなった状態でエステの施術を受けられるので老廃物やセルライトなどの排出をスムーズにする効果に期待できると話題になっています。

背中は自分でマッサージを行うのは難しいですが、プロにほぐしてもらうことでセルライトや老廃物をほぐすのでダイエット効果にも期待できます。

費用が低価格

痩身エステの他のマシーンを使った施術はどうしても高額になりがちですが、カッピングは比較的低価格で施術を受けることが出来ます。高い金額だとなかなか踏み出せませんが、低価格だと踏み出す一歩が出ますよね。

週2回などこまめに通うことになりますが、1回あたりの価格が安く済むのは助かりますね。

知っておきたいカッピングのデメリット

カッピングのデメリット
良いところばかりでなくデメリットも頭に入れておきたいところです。個人差や体調によって変化もありますが一般的なデメリットをみてみましょう。

施術の跡が残ること

2〜3日、長くて1週間程度跡が残ると言われています。冬場など厚着の季節は問題ないですが、薄着の季節は洋服選びに注意が必要です。施術を受ける時はその後の予定を確認してから行うと良いでしょう。

「海で水着を着るからそれまでに効果を得たい!」といった場合は早めに受けて跡が消える時間も含めて予定を立てましょう。

食後すぐは受けられない

血流に働きかける施術なので食後の消火活動中は施術を受けられないパターンが多いです。食後30分〜1時間は開けた方が好ましいと言われているので、時間に余裕を持って食事をとるようにします。

肌のアフターフォローが必要

吸引することで内出血のような状態になるので肌に少し負担がかかります。肌が弱い人はかゆみが出たり、水ぶくれになったり肌トラブルを引き起こすことがあります。施術前に肌が弱いことや心配なことは伝えるようにしましょう。

痩身エステでのカッピングはどんなことをしてもらえる?背中しか受けられない?

痩身エステのカッピング
ダイエットとしてカッピングを考えている人は痩身エステでの施術内容が気になりますよね。
サロンによって差がありますが大体の流れを紹介します。

  1. カウンセリングで施術内容の相談・確認
  2. カップを気になる部分に当てて、吸引力の調整を行います
  3. 設置したら3〜5分程度様子を見ながら吸引開始
  4. カップを外しオイルや美容液をつけてマッサージ
カッピング自体の時間は短くエステティシャンによるマッサージの方が長いところが多いようです。血行が良くなっているのでマッサージの効果が高まると期待できます。

また、整骨院で行うより痩身エステで施術を受けるとカッピング後に美容液やトリートメントでケアしてもらえるのも魅力です。

背中だけしか受けられないの?!

カッピングは背中にするものというイメージが強いですが、実は背中だけじゃないんです。

カッピング跡が目立たない場所なら受けることができます。なので背中、お腹、脚、腕、肩など自分の悩んでいる部分を選んで施術を受けることが可能です。

▼背中痩せについてはこちら
背中痩せの方法 背中痩せする効果のある方法とは?背中痩せするダイエットやマッサージとは

まとめ

いかがでしたでしょうか。カッピングは整骨院のイメージがあった人も痩身エステでも受けられることを知ってもらえたらと思います。ダイエットにカッピングを取り入れてスリムを目指しましょう。