キャビテーションの前と後の食事は?効果のでる食事方法

キャビテーションの前と後の食事とは?

キャビテーションの痩身効果に驚く人がいる一方で、効果が感じられなかったという人もいます。

この両者の違いを生む原因の一つとして、キャビテーションの前後における食事の仕方に問題があったというケースが少なくありません。

キャビテーション前後で、どのような食事をすることがキャビテーションの効果を高めるのかを説明します。

【PickUP】スリムビューティハウス

スリムビューティの骨盤キャビテーション

骨盤キャビテーションコースは部分痩せを目指す女性におすすめなコースです。キャビテーションとは、痩身エステ良く使われる脂肪を除去してくれる機器の事で、痩身エステではとてもポピュラーなものです。

スリムビューティハウスのキャビテーションコースは、「Mキューブ」と名付けられた骨盤の筋肉を鍛えるEMS痩身ケアを併用して使っているのが大きな特徴です。キャビテーションで気になる部位の脂肪を除去してMキューブで骨盤の筋肉を鍛え、痩せやすい体にしてくれます。

初回価格限定7月1日から 80分500円!!
コース内容キャビテーション+骨盤
店舗数全国50店舗以上
\80分で初回体験価格 500円/

詳しくはこちらから

7月からは500円のままで体験時間が長くなり満足度もアップ!!!

キャビテーション前の食事

キャビテーション前の食事

キャビテーション前の食事

空腹でおなかが鳴るのも恥ずかしいけど、食事したせいで施術中止も困ります。

キャビテーション前の食事についてまとめてみましょう。

施術の直前は避ける

キャビテーションをうける前に食事をすることは何の問題もありませんが、施術の直前に食事をすることは避けた方が良いでしょう。

キャビテーションの施術にはお腹周りのマッサージが含まれていますし、うつぶせの状態で受ける施術もありますから施術を受けている最中に多少のつらさを感じたり、場合によっては気持ち悪くなって施術を中止せざるをえなくなったりしては困ります。

キャビテーションの2時間前

キャビテーション前の食事はキャビテーションの施術を受ける2時間前までに済ませるようにしましょう。食後は血糖値が上昇し、血糖値の高い状態が元に戻るまでに約2時間を必要とするのです。

この血糖値が高い状態でキャビテーションを受けると、体脂肪が燃焼されやすい状態になっているにもかかわらず、体脂肪は消費されずに食事で摂取したエネルギーから優先的に消費されてしまうことになり、キャビテーションの効果を自ら相殺してしまっていることになります。

キャビテーション直前の空腹には

キャビテーション直前にどうしても空腹感を感じるようなら、水分の摂取で空腹感を紛らわせましょう。

水分摂取は新陳代謝を活性化させるとともに、脂肪の燃焼にもプラスになる効果がありますから、キャビテーション直前の空腹感はミネラルウォーターやスパークリングウォーターで我慢してキャビテーションの効果を最大限に引き出せるようにします。

キャビテーションの数日前の食事

キャビテーションの効果をさらにプラスアルファで高めたいという場合は、数日前からの食事の内容にも気を使うようにしましょう。

カロリーをセーブしながら栄養バランスの取れた食事を心掛け、からあげ、天ぷらなどの脂っこいものは控えめにして、その分タンパク質が不足しないように豆類や魚を多めに食べるようにします。

水分もこまめに摂取するようにしてアスリートのコンディショニングのように、キャビテーションという試合当日の身体状態をベストなものに整えることで、キャビテーションの持つパフォーマンスを全て受け止めることができるのです。

キャビテーションの前と後の食事とは? キャビテーションの前と後の食事は?効果のでる食事方法

キャビテーション後の食事

キャビテーション後にはお酒は禁止

キャビテーション後にはお酒は禁止

キャビテーションの施術が終わればすべて終わりではありません。キャビテーション後の食事によっては効果半減の危険さえもはらんでいます。

キャビテーション後の食事のNG

キャビテーションの効果を台無しにしてしまいかねない、最も避けるべきものは脂っこいものとお酒です。

キャビテーションで乳化した脂肪は肝臓で分解吸収され、体内で利用可能なエネルギーとなりますから、キャビテーション後の肝臓は脂肪をエネルギーに変えるための働きで忙しく、脂っこいものやお酒の分解という肝臓に負担の大きい仕事までさせると、脂肪をエネルギーに変える働きが鈍ってしまいます。

エネルギーとして消費されなかった脂肪は中性脂肪として再び体に吸収されやすくなるため、なるべく早めに肝臓にエネルギー変換してもらいそれらを使いきることが、脂肪の再吸収を防ぐとともにキャビテーションの効果を半減させないためにも必要なのです。

空腹対策

キャビテーションの後は心地よい疲労感とともに小腹がすいた感じを受ける人も多く、誘惑に負けてついご飯を食べてしまったということもよくある話ですが、キャビテーション後の3時間は肝臓の負担を増やさずにキャビテーションの効果を高めるために食事は避けましょう。

キャビテーション直前の空腹対策と同じくミネラルウォーターやスパークリングウォーターで満腹感を得るということも有効ですが、キャビテーション後は肝臓が変換したエネルギーを使うという視点からも、スクワットによる食欲の抑制が好ましいといえます。

交感神経が優位になり食欲抑制ができるとともに、身体の中で一番大きな筋肉である太ももの筋肉を動かすことで、効果的なエネルギー消費ができるのです。

食べるならサラダ

生活リズムや睡眠を考えるとキャビテーション後の早い時間に食事をとらざるを得ないなどの、やむを得ず食事をしなければならない場合には、ノンオイルドレッシングを使ったサラダなどの低カロリーなものにして、海藻類やこんにゃくを増やし噛む回数を増やすことでより食事の満足感を高めるなどの工夫をします。

睡眠前に小腹がすいて眠りにつきずらいと感じるようなら、豆乳を飲むことがオススメです。

サラダでは不足しがちになるタンパク質を豊富に含む豆乳、大豆に含まれるレシチンには強い乳化作用による脂肪代謝機能があり、なおかつ胃腸に優しい豆乳を上手に利用しましょう。

キャビテーション後数日間の食事

キャビテーション後の数日間に食事で注意するべきなのは、米、パン、お菓子などの糖質の多い食べ物とファーストフードやラーメンなどの脂肪分の多い食べ物を控えめにするということです。

糖質はすぐにエネルギーとして利用されるため、取りすぎるとキャビテーションで溶かした脂肪がエネルギーとして利用されることを妨げてしまいます。

脂質はエネルギー効率が良いため糖質が脂肪細胞に変わってしまうためのサポートをしてしまいますから、糖質と脂質を控えめにした食事をキャビテーション後の数日間は心がけましょう。

また、キャビテーション前と同じくこまめな水分補給は必須です。

キャビテーションによって溶かされた脂肪を燃焼させるためには水分が必要であり、むくみが出ることを避けるため普段は水分を控えている人も、キャビテーション後の数日間は水分を十分にとることでリンパ液の流れを良くしてキャビテーションの効果を高める必要があります。

軽い運動とマッサージで効果倍増

キャビテーション後は脂肪が破壊され乳化している脂肪が燃えやすい状態ですから、食事の管理だけでなく軽い運動とマッサージを取り入れることでキャビテーション効果は非常に高まるのです。

運動が苦手だからキャビテーションを利用したという方もいらっしゃるでしょうが、軽い運動でも効果の実感が全く変わってきますから、キャビテーション後の数日間は一駅歩くとか遠くにあるコンビニをあえて利用するなどのちょっとした工夫をしましょう。

さらに、セルフマッサージをしてリンパの流れを促すことで溶けた脂肪もどんどん流れていきますから、施術をされた時のマッサージの方向通りにリンパの流れに逆らうことなくセルフマッサージをすれば、サイズダウンに拍車をかけることができます。

まとめ

キャビテーション後の数日間はいつも通りの生活でも脂肪は燃焼できますが、何もしないというのはもったいないですから、ぜひ食事の管理に加えて軽い運動とマッサージにトライしてキャビテーションの驚きの効果を体感してください。