キャビテーションの効果が出る頻度は?効果を高める方法とは?

キャビテーションの効果

最近キャビテーションを行うサロンが増えています。キャビテーションは超音波によって脂肪に圧力をかけて減らすというもので、自分の体型をもっと美しくしたいという人に人気です。

そんなキャビテーションはどのくらいの施術で効果を実感できるようになるのでしょうか?一般的なマッサージエステだと回数を重ねなければ効果が実感できませんし、自己努力も必要とされます。

先進的なエステと言われるキャビテーションは従来のマッサージエステとどのような違いがあるのかご紹介していきたいと思います。

キャビテーションは1回からでも効果あり?

キャビテーションは1回からでも効果あり

キャビテーションは1回からでも効果あり

キャビテーションは即効性のある施術が一番の特徴です。多くのサロンで取り入れているのは多くの人が高い効果を実感しているという実績があるからです。

実際にキャビテーションを利用したことがある人は「1回目の施術で脂肪がなくなった実感がある」という声も多く見られるのですが、これは効果の出やすい場所に施術した場合です。

キャビテーションの性質上、全身を一気に細くするということはできず、得意部位・不得意部位があります。

効果の出やすい部位・出にくい部位

キャビテーションは脂肪に超音波を当てて振動させて圧力をかけることで脂肪にアプローチしますので、脂肪の量が多いほど効果が出ます。そのため、キャビテーションの効果が高くなるのはお腹やヒップ、太もも、二の腕などの部位です。

これらの部位は多くの人が悩みを抱えており、エステサロンでも利用者が多い部位です。また、効果がはっきりとわかりやすい部位でもあるので利用者の実感の高さにも繋がります。

これらの部位は1回の施術でも十分な効果を発揮することが多く、キャビテーションのお試しでもよく利用されています。

一方脂肪の厚みがなく、部位が狭い箇所になるとキャビテーションの効果が発揮しにくくなります。足首や肩、首、顔は気になっている人が多い部位ではありますが、キャビテーションの施術を行っていないサロンも多数あります。

顔に関しては一部サロンで施術を行っていますが、あごの下だけ・頬だけなど部位を限定しているケースがほとんどです。

そのためこれらの部位をキャビテーションで細くしたい場合は3回以上の施術が必要となります。

セルライトや厚い脂肪は回数が必要

お腹や太ももにできてしまったセルライトもキャビテーションによって解消することが可能です。セルライトは脂肪が固まってしまったものなので、キャビテーションによる施術の場合一度では解消しにくくなっています。

セルライトをきれいに消したいのであれば、4~5回以上の施術を行うことをおすすめします。

また、セルライトだけでもなく、肉割れしている部位にも効果があると言われています。肉割れの場合セルライトと違ってできる仕組みが違うので、1回の施術ではすぐに効果を実感する事はできませんが、回数を重ねると解消できるでしょう。

キャビテーションの効果をアップさせるためにやるべきこと

暴飲暴食は抑える

暴飲暴食は抑える

キャビテーションを行っているサロンでは複数回のコースを用意しており、当然回数が少ない方が安くなります。予算の都合で少ない回数で効果を出したいという人は、キャビテーションの効果をさらにアップさせるための自己努力を行いましょう。

サロンで施術を受けるだけよりも、脂肪がなくなりやすいケアを行うだけで効果を実感できる回数は少なくなるのです。

サロンに行く前と後のケア

キャビテーションはリンパの老廃物を除去する役目もあるので、キャビテーション前にはしっかり水分補給をしておくと老廃物が流れやすくなります。また、施術前に暴飲・暴食してしまうとサロンに施術自体を断られてしまうので注意しておきましょう。

キャビテーションの施術後はせっかく消費したカロリーや脂肪を再び蓄積させないように必要以上の食事や間食を行わないようにしましょう。できれば水分だけを取って食事を数時間取らないようにするのが一番です。
キャビテーションの前と後の食事とは? キャビテーションの前と後の食事は?効果のでる食事方法

また、キャビテーション後は脂肪が全体的に柔らかくなっているのでボディマッサージを行う事で脂肪燃焼しやすくなります。特にリンパマッサージは効果を高めるために欠かせません。

さらにEMSと呼ばれる電気によるマッサージ機を使ったケアはキャビテーション後の運動にもおすすめです。家庭用でも十分な効果を得られるので、帰宅後お風呂に入って身体を温めた後に行いましょう。

▼家庭用のキャビテーションについてはこちら
キャビテーションは自宅でできるの?家庭用のキャビテーションの効果と口コミ キャビテーションは自宅でできるの?家庭用のキャビテーションの効果と口コミ

ケアによって回数は減る?

自分でもケアを行う事で、脂肪燃焼がしやすい身体となり結果的にキャビテーションの施術が少なくなります。どちらかと言うと一度キャビテーションを行った後にもう一度キャビテーションでケアしてもらう時に回数が減ります。
脂肪が燃焼しやすくリンパが流れやすい身体を普段から作っておけば2,3回の施術で十分な効果を実感することができるでしょう。

キャビテーションのメリット・デメリット

キャビテーションのメリット・デメリット

キャビテーションのメリット・デメリット

キャビテーションは他の脂肪をへらすエステ施術より回数が少なく効果を実感できる大きなメリットがありますが、場合によっては回数が増えてしまうというデメリットもはらんでいます。

メリットとデメリットを合わせて考慮すれば、キャビテーションが自分に合っているのか検討することができるでしょう。

メリット

キャビテーションは基本的に部分ごとの施術を推奨しており、エステサロンでも部分ごとでコースを組んでいるところが多数あります。それは前述したように施術効果がわかりやすい場所とわかりにくい場所があるからで、お腹などの比較的少ない回数で効果が出やすい場所は6回程度のコースとなり、料金も安くなります。

実際、お腹だけのキャビテーション施術では3回目で十分なくらいの効果が出たので、残り3回は別の部位に変更したという人もいるくらいです。キャビテーションの効果の高さはとても大きなメリットとなるでしょう。

また、暴飲暴食をしない限りリバウンドの心配が無いので施術に間隔が空いたとしても安心です。間隔が空いたとしても1回で十分効果を実感できるのもキャビテーションのメリットです。

デメリット

デメリットは脂肪の量が膨大な人は効果の出やすい部位であっても1回ではなかなか効果を実感できないことです。脂肪が厚くなってしまうと1回のキャビテーションでは効果を発揮できる範囲が狭くなります。そのため、コースの中でも最低回数では十分な効果が得られないのです。

脂肪が厚く、最低回数では施術完了できないと判断された場合スタッフから多い回数をおすすめされることになります。そうすると当然費用も増えてしまうのでデメリットの一つと言えなくもないでしょう。

また、キャビテーションは骨が出っ張っている足首や首などには施術できないサロンもあります。これはキャビテーションの超音波が骨を伝ってしまい耳鳴りを始めとする体調不良を引き起こしてしまう可能性があるからです。

普段から耳鳴りがひどい人や頭痛持ちの人はデメリットになるかもしれません。これは回数を重ねても同じ症状になるので、不安な人は医師に相談しましょう。

キャビテーションは早く体験するべき

キャビテーションは大きな健康被害の副作用も現在まで報告されておらず、安全に脂肪を燃焼できる方法としてひろまっています。

また、エステサロンに通う回数も少ないので金銭的にも精神的にも気楽に利用できるのが魅力です。

まだキャビテーションを利用したことがない人はぜひこれからキャビテーションを使ってみてください。お腹や足は1回の施術で効果を実感できるので驚くはずです。